自作時計

category躁鬱病・仕事

2014.05入院前の状況

trackback0  comment0
2014.05入院前の状況

                           平成26年5月25日

                           greenwind



  5/16(金)     主治医 I Dr.の診察。
          「しんどくて出社出来ない。1年程休職したい」と伝える。
           では診断書を書きましょうと云う話だった。

  5/19(月)     直属のM課長に1年程休職したい旨を伝える。
          人事に相談に行く。医師の診断書が前提との事。午後早退。
          M課長は「しんどい時は休養室で今まで通り休めば良い」と
          休職に反対で現状維持を勧めた。

  5/20(火)     年休

  5/21(水)     午後出社。直属のF部長に休職希望を伝える。
          人事・G副課長から休職期間の可能な最長年数等のメモのメール
         が届く。年休・欠勤で半年、休職で2年間、合計2年半。
          M産業医に相談。
         「3ヶ月程入院して様子を観ては?」と云う提案。
          職種人事担当の設計企画管理部長に相談:診断書が必要です。会社
         も給料を払うのですから、勝手にはできませんとの事。

  522(木)     年休
          I Dr.に診断書作成を依頼。断られる。
         「近大附属病院に入院して、そこの先生に診断書を書いて貰っ
         たら?」、「大学の先生だから信用あるよ!」「転院したら!!」
         もう私は訳が判りません。

  5/23(金)     年休
           電話にて、M課長に来週30日(金)まで休む旨を伝える。

           午前、Aクリニックにセカンドオピニオンを求めて行く。
          T Dr.:「仕事を一時期離れて休養するのも一つの方法です。」
          これを聞いてホッとしました。  

           午後、K病院 R Dr.へ。5/26(月)から
          2・3週間の入院を決める。
category躁鬱病・仕事

双極性障害を発病して19年間の軌跡

trackback0  comment0
双極性障害を発病して19年間の軌跡
                         平成26年5月25日
                        greenwind

19年前、36才で発病し、
2・3年毎に躁エピソードの逸脱行動で入院し、
退院後は2・3年ウツ状態あるいは経躁状態が続き、
また、激躁期を迎え入院
といったことを6,7回も繰り返している


 平成7年3月頃      阪神大震災の被害状況調査(ゼネコン社員として)で走り                                       
             回った疲労から発病。

     3月末      N地のM神経内科受診
              抗うつ剤処方で、苛々・暴力的・不穏状態となり、
              近所の郵便ポストを蹴って壊すといった暴力行為、
              明け方に徘徊し、異常行動で警察に保護され、自宅まで送
             られる等。   

     4月20日    T病院に医療保護入院(入院1回目)
    ~5月 6日    T Dr.
              

              この時は2・3週間の入院後、直ぐに復職。

 平成9年6月       M病院に入院(入院2回目)
  から2・3週間     この時も直ぐに復職。

              以後、2・3毎に保護入院を繰り返す事となる。

 平成12年頃       入院(入院3回目)
              どこの病院かは忘れてしまった。1ヶ月ほどの入院だった     
             と思う。T病院かも知れない。

 平成15年7月16日   T病院入院(入院4回目)。Y Dr.
     ~8月 1日

      8月18日   復職

 平成15年8月 8日   Iクリニック
     ~
 平成19年4月19日

 平成18年5月中旬より  抑うつ状態増悪。
 平成18年6月23日   休職の診断書を貰う。
 平成18年8月 1日   出社出来ないと医師に訴える。SDS:54点。

      2ヶ月程    入院(入院4回目)
              どこの病院かは忘れてしまった。

 平成18年 9月22日  会社の指示でOのMクリニック受診
      10月21日  WAIS-R(ウェクスラー成人知能検査)を受ける
              言語性119・動作性118・IQ=121
      10月30日  リハビリ出勤で復職
              欠勤を防ぐ為、リタリン10mg1Tや
              ジェイロゾフト25mg1T
              を処方してもらう。
              だが、あまり効かなかったようだ。リタリンでさえ、一時       
              的にも気分の高揚はなかったと思う。

 平成19年 4月17日  躁転と精神症状増悪から、      
             駅員とトラブルになり、警察での取り調べ。乗り換え駅・
             Am駅にて。
              メガネの修理代として1万円を支払い、対面での謝罪で
             事無きを得た。

       4月20日  S病院入院(入院5回目) K Dr.
      ~6月29日  2ヶ月入院、1ヶ月のリハビリ出勤をへて復職

       7月14日  復職可能の診断書をI Dr.より貰う。
       7月30日  職場復帰

 平成20年頃       設計部から工事監理部へ配置転換

 平成21年 3月29日  父母の故郷・K県A大島・O島へ家族旅行
      ~4月 3日  服薬を怠り、軽躁状態に。
              ロヒピノール2mg1T・ヒルナミン50mg2T眠前に

       4月 7日  突然会社から出奔し、保護願い。
              置き忘れた鞄の件で、A駅長室室でトラブルになり、
             駅員を殴打。警察に逮捕され、精神科救急窓口を通して、
             緊急措置鑑定の結果、医療保護入院として、

 平成21年 4月 7日  K病院入院(入院6回目) 
      ~6月19日  R Dr.  F31.1

       9月 7日から リハビリ出勤開始 
      10月 5日から 職場復帰

 平成21年10月     復職後すぐ、課長代理から平に降格。年収半減。
 
 平成23年夏       Hクリニック通院(自宅から徒歩10分)
  ~平成24年 4月
 平成24年 2月 8日  N通院(職場近くのクリニック)
      ~8月 1日  N Dr.  F31.7

 平成24年 9月10日  K病院入院(入院7回目)
     ~10月 5日  R Dr.  
              双極性感情障害 F31.2   SDS:48点 

     ~11月 6日  K病院通院

 平成24年10月頃    特段のリハビリ出勤なしで職場復帰

 平成24年11月24日  Iクリニック通院
     ~現在H26.5.25 

 平成24年12月12日  母死亡

 平成26年 2月17日  父死亡

 平成26年 5月26日  K病院入院予定(入院8回目)
     ~ 6月10日  退院予定


YGテスト:C型
エゴグラム:21213
SDS:54点

category躁鬱病・仕事

病状の自己認識

trackback0  comment0
病状の自己認識

                           平成26年5月25日

                           greenwind


  一般的なうつ状態ではないと思う。むしろ思考は元気でテンションは高めである。
 だが、しんどくて出社出来ない。全身倦怠感が限界まで来ている。
  朝起きると頭がボッーとしてなにもできない、これが昼過ぎまで続く。仕事を休ん
 だ日は、夕方・夜と家でゴロゴロしてるだけなので楽である。
  頑張って出社した日は、8時半始業開始だが、10時には仕事をしている・いないに
 関わらず、グターと疲れてしまい、会社の2つある休養室の片方のベッドで1時間余り
 の仮眠を摂って席に戻る。休養室から帰って来ても気分は最悪だ。1時間席に居て、昼
 を食べ、2時頃までは席に座って有るときは仕事をしているが、2時頃になると身体が
 鉛のように重く、気分は落ち込み、また1時間程仮眠。席に戻り1・2時間で定時退社。
  上司からは午後からでも出て来いと云われているので、午後出社も多い。
 朝から出社出来ても午後に早退する事も度々である。
  去年度は年休・欠勤合わせて50日休んだ。出勤日の約4分の1は休んでいる。昼
 から出社・昼から早退のタッチ・アンド・ゴーも考慮すると、正規の半分だけ席に居る。
 

  このままではダメだと思う。長年通い続けた主治医をチェンジしようと思う。医者が   
 変われば、薬も変わるし、治療方針も変わる。
category躁鬱病・仕事

患者本人が考える加療・就業方策

trackback0  comment0
患者本人が考える加療・就業方策

                           平成26年5月25日

                           greenwind



         A:現状のまま、騙し騙出社を続ける

         B:2・3週間あるいは2・3ヶ月入院する

         C:1・2年休職する
category未分類

5月26日・月曜日から入院します

trackback0  comment0
category未分類

主治医が休職の診断書を書いてくれません

trackback0  comment0
category躁鬱病・仕事

16時間寝ました

trackback0  comment0
睡眠薬を飲んだら16時間寝続けました。
category徒然に想うこと

スカパーに再契約して「歌謡ポップスチャンネル」を観ています

trackback0  comment0
categoryカラオケ

昔懐かしい「演歌の花道」をCSで見ました。

trackback0  comment0
category躁鬱病・仕事

入院を考えています

trackback0  comment0
 1ヶ月入院、1年間休職を考えています。
 光トポグラフィー検査の結果を見てから、7月からの入院を考えています。
category躁鬱病・仕事

光トポグラフィー検査を受けます

trackback0  comment0
 31日に予約しました。近大附属病院です。検査結果は2週間後です。
category躁鬱病・仕事

休職を考えています

trackback0  comment0
New «‡Top‡» Old