category未分類

家庭バレーボールのルール

trackback0  comment0

家庭バレーボールのルール

 家庭バレーボールは、老若男女を問わず、誰でも気軽にできるスポーツです。
 ルールは、ほぼ6人制のバレーボールと同様ですが多少異なる部分もあります。
 ここでは、主なルールについてご紹介します。

1 コート・ネット
   コートの広さは、サイドラインは片面について6m、エンドライン8m、ネットと
  エンドラインの中間(3m)にハーフラインを設ける。ネットの高さは2m20cmを
  基本とする。

2 ボール
   ビニール競技には白色均一のビニールボールを使用する。

3 チーム
   競技者の数はいかなる事情があっても8名とし、交代競技者を含めて11名
  以内とする。チームの編成は競技委員会が定める。

4 競技者交代
   セット内のメンバーチェンジは3人までできる。ただし、一度交代した競技者
  はそのセット内は再び復帰できない。復帰する場合は番号順の位置は常に守
  らなければならない。
   セット間のメンバーチェンジは、メンバーチェンジの回数に含めない。

5 競技方法
   サービスの時はハーフラインを挟んで前衛4人、後衛4人の位置を守らなけ
  ればならない。サービスの直後、各競技者は自分のコート内外を自由に行動
  することができる。

6 サービス
   ビニールボールの場合は、サービスを行い、一度味方のチームに触れた後
  プレーをしなければならない。(サービスが直接ネットに触れた場合はアウト。)
   サービス開始の吹笛後、ボールを支持手から離した場合はサービスを行った
  ものと見なす。

7 プレー
   各チームはネットを境に分かれ、ボールを落とさないようにネットを越して打
  ち合い、ボールを3回以内に相手方に返す。 ただし、ネットに触れたボールは
  4回以内とする。
    同一人が続けて2度ボールに触れてはならない。ただし、ボールがネットに触
  れた場合はもう一度ボールに触れることができる。

8 タッチネット
  インプレー中、競技者がネット(支柱を除く)に触れるとタッチネットの反則にな
  る。しかし、ボールが打ち込まれたために相手チームの競技者にネットが触れ
  ても反則とはならない。

                             …以上、簡単にご説明しました。

関連記事
 









        
 
http://greenwind888.blog.fc2.com/tb.php/1248-d8b423a1