category徒然に想うこと

大阪も桜満開

trackback0  comment1
 写真は会社からの帰路、天神橋から見た桜並木です。職場の花見で何度か行った所です。この先1キロ程のところには、有名な造幣局の通り抜けがあります。
 次の日曜日15日は、入院中の母を、花見に連れて行きます。目が見えないのは残念ですが、たまには外の空気を吸うと気分も晴れるんじゃないかと思います。


桜 中之島
関連記事
 
初めまして
初めまして、ちょっとお邪魔させてもらいます。

訪問者リストから覗いてしまったんですが、電子オルガンですかぁ~。
昔、私もやっていましたよ、ただしエレクトーンとは呼ばずに電子オルガンですけど(呼び方が違うだけで同じ物)。

エレクトーンと言う呼び方はヤマハの商品名なために、東芝音楽教室で習っていた私はビクトロン(ビクター製)かオーケストロン(東芝製)しか使えず、ヤマハ製のエレクトーンは学生時代、音楽室にあった物をいじっただけです。

最近の電子オルガンはメモリー機能の発達と、電子音とは思えないほど高度な音色(かなり自然な音)を出せる機能のおかげでどんな音でも自在に出せるのと、奏者の演奏に合わせてテンポ変化やら、曲のフレーズを感知して自動で音色まで変えられるのがスゴイ!。

私が習っていた当時(30年以上前)は、まだまだレバー等で音色を変える事しか出来ず(簡単なリズムボックスは付いていた)、私が持っていた3段鍵盤(+足鍵1オクターブ半)でも自分の思い通りの演奏が出来ず、補助鍵盤(44鍵盤のキーボード)を2つも3つも自分の周りに足していましたよ。
それだけ演奏中にレバーを使って音を変える事は事実上不可能で、一つ一つの鍵盤に初めから音を決めておいて、自分の手を最初に音を設定された鍵盤に移動する方法しかありませんでした。

今ではとても弾けませんし、だいたい今の電子オルガンの機能を把握することが出来ないほど高性能になってしまい、演奏技術以外に演奏前のセッティング方法を覚えなければならず、私のよう52歳にもなってしまえば、いくら昔かじった経験があると言っても、とてもとても今からじゃちょっと無理でしょうねぇ~。

それを今の私と同じ歳から始めたのですから、それだけでもすばらしいことだと思いますよ。
是非頑張って下さい。

コメント長くなってすいません。









        
 
http://greenwind888.blog.fc2.com/tb.php/165-8eed8981