category徒然に想うこと

半生記・反省記

trackback0  comment0
 兵庫県明石市で 〇〇□□・△△の 三男として
生を受ける。

 おじいちゃんに可愛がれた、おじいちゃん子です。
おじいちゃんは私が小学校2年の時に他界しました。

 幼稚園では、みんなと仲良くする協調性が無い為か、
泣いてばかりのハナタレ小僧でした。
今で云うアスペルガー症候群だったのかと思います。

 幼稚園の先生から、母が呼び出されました。
私が友人と遊ばずに泣いてばかりなので、どうしましょうか
と云う事です。

 父は鹿児島の南西諸島 沖の永良部島、母は奄美大島の出身です。

 小・中・高と内気で内向的で無口な子供でした。

 父の転勤が多かったので、私は 3つの小学校に 通いました。

 小・中・高では友達はできました。

 大学でも一応友達はいました。

 大学院の2年間はモラトリアム期間で のんびりしました。

 サラリーマンになって 20・30・40代は

 仕事一筋でした。

 50代は趣味にはしりました。

 今、59才で 休職し、

 毎日が 日曜日です。


 


 


 
関連記事
 









        
 
http://greenwind888.blog.fc2.com/tb.php/728-cdf806d7